他大院に移籍した男のblog

都内私立理系大学から自大院への楽な推薦はやめ国立大院へ
現在東工大院生
外部院試受験をするにあたり,ネット情報にはお世話になったので、お返しといってはなんですが
院試その他これは皆さんに知ってほしい!と思う情報 そして吐き出したいことを適当に書きます

タグ:東大院

マンガでわかる材料力学
末益 博志
オーム社
2012-01-20



文字で打つのめんどうだったので去年作った手書きのを写真でどうぞ
とりあえずは、おそらくあっているであろう 解答
この問題は基本的なのでできないと落ちるぱてぃーんだと、、
Ⅰ.(3)は自信がないのでまた今度

IMG_7335



IMG_7332


IMG_7334







最近アクセス数が増え始めてる感じからも、院試マンが情報収集をする時期がきたなーーと。

卒論書き上げて、卒研発表もなんとか終えて、
今日は、友達と人生二度目のサーフィン行こうぜってことで千葉の東のほうまで朝から行ってきたんですけど、南西からの強風により全く波がなく海にも入らず帰ることにし、とりま暇なので研究室にきてブログでも書こうかと思った次第です。


東大の過去問欲しいって人がいると思うんで、そういう人は東大に直接行くか、先輩にもらうか、
もしくはこのページのコメント欄に欲しいですって言ってくれれば平成14〜29の過去問データあげるよ
連絡手段はコメント欄に捨てメールアドレスでも書いて頂ければgmailアド推奨


とりあえず機械系大学院受験生のバイブル
買って損はない
四力精選 


 

とりまこれで四力の有名問題を解いてこうっていう問題集
材力の問題はあまりやらなくていいかも
熱力は誤植が結構ある






材料力学

四力もいいが
自分の材力問題集や東大の過去問の方が良問かつ解答が良いと思われる


授業で使ってた図鑑みたいな教科書、非常にお世話になった。
わかりやすくて良い、演習問題の答えは一応公式サイトにのってる
この教科書以外でカスティリアーノの定理を適用できない場合の説明が書かれてるものをみたことがない。
たまーに過去問ででてる(自分が受けた東工大試験の時にでた)、薄肉曲がりばりの解法については書かれていない





ちなみに東大の材力過去問と解答を出してくれてる出版社があるのでそこから買うのが吉
(僕はこのテキストの存在を入試1カ月前まで知らなかった)
こっちで曲がりはりの解き方習得した(普通のはりの解き方とほぼ変わんなかったが一度やってないと無理だと思われる)、実際に入試に出たんでまじ助かりましたわ
これは買うべき






出版元の方にメールで頼みこめば必要な年だけ購入できるかもよ、、




機械力学
大学受験物理に微積使って、あと解析力学の知識が少々必要。
四力やってあとは過去問
基本的に東大だと機械力学は制御と絡めて出してくるので制御もちゃんとやらなあかんよ


理学部系を受験した友人がもってたこれ。
これにちょいちょい東大機械の過去問と解答があるので参考にさせて頂いた。機械系の人は買う必要ないような、、







制御工学
フーリエ変換、ラプラス変換の数学的な授業はしっかり受けて習得してたが、制御の授業はあまり受けておらず、基礎的な参考書を用いた。

ジュンク堂で見つけ出した、演習メインでさくさく進められる良書、地味な本だが一度手に取ってみてくれ
制御工学演習
山崎 敬則
パワー社
2008-12


あとはjsmeのこいつ、





熱力学
四力と
これ、絶対に買うべき  超おすすめ



あと過去問



伝熱工学

いろいろ探したがこの本が一番わかりやすかった(1982年出版で古い割に文章はかたくない、絵の古さは気になるが笑)
あと過去問


図解伝熱工学の学び方
北山 直方
オーム社
1982-01


東大の過去問の伝熱はいいね。
熱力よりも伝熱ができる方が受かりそうな、伝熱は差が出ると思う。
東工大は伝熱ちょっとでてきたかな?ぐらいだったような笑



流体力学
四力だけで典型問題は学べた
あとは東大の過去問、似たような問題がよく出てる
参考書は大学の図書館で借りた

詳解 流体工学演習
吉野 章男
共立出版
1989-06-01


工業 流体力学
原田 幸夫
槙書店
1985-01


とjsmeの


jsmeの流体力学は微妙やから買わんほうがええよ







 

きっかけ
自分が大学2年の時に、サークルの二つ上の同じ学科の先輩で東大院東工大院に行った人がいたので、院で他の大学院に進学するという選択肢を知り、その時から、漠然と大学院は東大東工大にでも行っちゃおうかなんてことを考え初めた。あと大学受験の時に浪人生活かつ東工大に落ちていて、大岡山に通うという一種の憧れもあった笑
それと、昔は転勤族だったので4年大学通ってからのさらに2年同じとこ通うのは飽きるってのも。

学部入試で東大、東工大に入るより、院からの方が非常に入りやすい。確実に。
どう考えてもこの状況はおかしいですな、院の方がより専門的なことを扱うはずなのに
まあ、ほぼ勉強せずにあがれてしまう自大院に進むよりかは勉強してステップアップするほうが良いはず、と半年前の僕は考えた。 (ちなみにわいの大学からはほぼ他大院にはいかん) 
やらないで後悔よりはやったほうがええ、ということで受験しました。
というわけで、せっかく国立大学院の定員も増えてるわけだし学費安いし、入りやすいし(笑)、ちょいと勉強してロンダリングしてはどうでしょうか。 

「なんとなく4年生になってなんとなく就活めんどいし、院やー」マンは院に行かんほうがええと思うで(笑)


他大院(国立)を考えた時に浮かんだ(いや、無理やり浮かべた?笑)メリット

・私立に比べて学費が安い(親に学費だしてもらってるからね、この年にもなると笑)
東大院、東工大院どちらも、入学金282,000円、授業料(半期)267,900円、授業料(年間)535,800円、合計817,800円
私立、合計1,200,000~1,500,000円ぐらい

・自分よりも優秀な人が周りに増えるはず、かつ新しい人間関係が増える←これ(周りの環境)非常に大事やと思う

・だらけがちな(俺の周りだけかも笑)4年前期を上手く使える?、研究しっかりやればいいんだけども笑

・今の大学というか研究室よりすこーしだけ就職に有利?かも、ドクターに行く道も考えている

・家族、友人、自大院に進む周りの人からちょいとすごいねと言われる笑(しょせんはロンダ)


デメリット
・4年で行った研究を継続して行えない

・今いる研究室メンバーとは1年の時から非常に仲がよいので名残惜しい、先輩も楽しいひとばかりだし

・実家から少ーしだけ大学が遠くなる←大学までの通学距離結構重要だと思う
 もしすずかけ台になっていたらと思うとぞっとする。

・4年前期の研究室での活動、勉強会などを途中から休ませもらったが研究室メンバーには少々気まずい
 教授に他大院を受けますというと大体はちょっとえーーーってなるよ笑




長かった?(大学受験と比べるとだいぶ短いか笑)院試生活が終わりました。

結果
東大の機械工学 落ちた くっそううううううう
東工大の機械系 合格  よかったあああ 志望していた大岡山にある!研究室のようです笑

ということで、大学院受験をするにあたり、色々なブログや人に助けてもらったので、僕も情報を発信していきます!


↑このページのトップヘ