他大院に移籍した男のblog

都内私立理系大学から自大院への楽な推薦はやめ国立大院へ
現在東工大院生
外部院試受験をするにあたり,ネット情報にはお世話になったので、お返しといってはなんですが
院試その他これは皆さんに知ってほしい!と思う情報 そして吐き出したいことを適当に書きます

タグ:機械

2019年度入学する予定!のみなさん,先日のB日程院試おつかれさまでした


東工大院 機械系の中間発表の話をするのを忘れてました笑
機械系だどM1の2月に中間発表があるんすよ

そん時はまじだりーって感じでしたね,

一般的に言われている就活解禁3月1日前に自分の研究ちゃんと説明できるよね?もう1年経つし研究の進捗をみんなの前で発表してよ!
っていうイベントかな


いろんな人の前で発表するのはやっぱ緊張しますけど
5分なんであっという間に終わります.


ちなみに

機械系のスケジュール

M1 
8月 構想発表 知らない教授のとこ2人ぐらいまわって研究構想の説明をする
2月 中間発表 何室かの部屋に分かれて部屋にいるみんなの前で5分の発表,3分の質疑応答

M2
2月 修論発表


ちなみにライフエンジニアリングコースは,,

M1 
11 12 1月? そこらへんでちょっとしたポスター発表
機械系からすると,お前らそれだけかよって感じでした

M2
8月 中間発表 ←機械系にはない  ちょっと気分楽わら
2月 修論発表

先週? 機械系A日程の発表があったみたいですね


罪と罰〈上〉 (岩波文庫)
ドストエフスキー
岩波書店
1999-11-16

一度読んでみるといい

後輩にきいたところ
内部生はgpa2.2 !!で通ってる人もいるとのこと笑笑
内部生は今年,A日程だらけだったと,,
ちなみに去年はgpa2.5ぐらいの内部生は落ちてました

先生がちらっと言ってたのを聞いた限りでは
内部優先傾向が去年から強まってるっぽいねー

ということでもし外部で結構自信あったけどA日程来なかった、、
って人は落ち込んだだろうけど  
おとなしく勉強しましょう!笑

まだ時間はありますよ
こんなこと言うのもあれですが  院に行くことが全てではないですからね
視野を狭めないように  狭い世界だけみないように

では 

この前,就活が終わって片付けしてたら資料がでてきたので残しときます.


2017年入学 東工大工学院機械系 募集要項

履修コース:機械コース,原子核工学コース,エンジニアリングデザインコース,ライフエンジニアリングコース,エネルギーコース

受入可能予定人数:185名

A日程 
口述試験 7月23日(土)
学力ならびに適性に関する試問 
A日程受験資格者は学部3年次までの成績及び外部英語テストのスコアによって決定


B日程
筆答試験 8月16日(火) 9:30~10:30 10:45~11:45 13:30~16:30
数学(1時間) 線形代数,微分積分,微分方程式など
物理(1時間) 力学を中心として
選択専門科目(3時間) 以下の8分野の問題より4つを選択
1)材料・加工2)材料力学3)機構運動・機械力学4)流体力学5)熱力学・伝熱工学6)制御理論7)信号処理8)電気回路
配点:数学200点,物理200点,選択科目(各問題150点)

口頭試問 8月23日(火)
研究能力ならびに適正に関する試問


おすすめ本
メタルギア5がこれを参考にしてるとのことで読みたくなった
上中下ある本だが,中から面白くなる

白鯨 上 (岩波文庫)
ハーマン・メルヴィル
岩波書店
2004-08-19


研究室のA日程貰えなかったb4が頑張って勉強してます、日に日に溜息が大きくなってます笑
頑張れ!  つらいのはよーーくわかる

コメントにB日程面接の雰囲気を教えてくれとあったので
去年の記憶を


平成28年 8月23日(火) 石川台 1号館
集合時刻 9時半 試験開始 10時     ←2018年6月10日追記

確か5分ぐらい 

志望研究室の理由
そこで何したいの
詳しく

とかだったような、、

一瞬だった  流れ作業な感じ
点数で研究室は決まっとると思われるので面接はほぼ形だけだと思う 
東大機械も確かそのはず 

試験で全力を尽くそう

 

いろいろと小耳にはさんだので書いておきます。

東工大院
機械系A日程

内部生は100人以上(最近A日程の人数多いらしい)
他大生は7,8人呼ばれてた模様(すくな笑)

で内部生は2,3人落ちたらしい(笑)
内部生が落ちた理由は
志望研究室の人気が高くて人数制限あるから他に志望してる研究室ないなら、B日程まわってねってやつらしい

面接が悪かったから落ちるというのはまれみたいです(自分落ちてるからこう思いたい笑)

他大生の受かった落ちたはわからん




↑このページのトップヘ